2008年4月15日火曜日

サンフランシスコの美術館巡り(SFMOMA、Legion of Honor and de Young)

またかと言われそうなのだが、本社に出張中(今日で終わり)。2週間ほどの滞在なので、週末を利用して、サンフランシスコの美術館巡りをしてきた。以前書いたように、Asian Art Museumは言ったことがあるので、今回はそれ以外をピックアップ。

SFMOMA

まずは、SFMOMA(San Francisco Museum of Modern Art:サンフランシスコ近代美術館)へ。ホテルを遅めに出てしまったのだが、かえってちょうど良かった。というのも、開館が11時。予定通り早くホテルを出ていたら、かなり待つことになっただろう。



残念ながら、中は撮影禁止。ロビーから上のフロアまでを一望できるところでの撮影は大丈夫だったので、撮った写真がこれ。ニューヨークのMoMAよりも若干小さい感じ。メトロポリタン美術館よりは全然小さい。朝早かったためか、あまり混んでいないので、ゆっくりと見れる。



館内では、運良く、Paul Kleeの作品が展示されていた。学生時代に世田谷美術館で加古隆がKleeをモチーフとした小コンサートを開いたこととか思い出す。確かあの時も何かアルバムを出していたはずと思って探したら、次のアルバムが見つかった。

いにしえの響き-パウル・クレーの絵のように-

2003年発売なので、あれと思ったが、再発売されたものらしい。当時のことが懐かしくなったので、帰国したら買うかも。ちょっと話が脱線したが、Kleeの絵の鮮やかな色彩と線の使い方が好きなので、しばし絵を眺める。これ以外にもMatisse and Beyondという展示もやっていた。

ただ、ニューヨークのMoMAに比べると、本当にもっと現代アートを中心とした展示がされている。唯一写真撮影を許してもらえたのが最上階にあったこれ。



これは光の反射屈折を利用したもので、逆方向からは黒色に見える。


Olafur Eliasonの作品。ほかの彼のSFMOMAに展示されている作品も、彼のウェブサイトで見ることができる。

参考:
Legion of Honor

昼食をSFMOMAの向かいにあるYeraba Buena Gardenの日本食レストランで食べた後、車でLincoln ParkにあるLegion of Honorに向かう。米国で一番美しい美術館と言われているだけあり、Lincoln Parkの丘からの景色、そして外からの美術館の姿とも素晴らしい。





非常にゆったりとした作りになっていて、じっくりと作品を鑑賞できる。



Picassoだとか



Monetだとか



作品数は先にあげたニューヨークの美術館に比べると少ないものの見所にある作品はそこそこある。なんといっても、広い展示フロアでゆったりと時間の流れるのを感じられるところが良い。

二つも美術館を見て、今日はもうおなかいっぱいと思っていたのだが、チケットを見ると、Legion of Honorとde Young Museumは同じ日であれば両方見れることになっている。夕方からMountain Viewで食事の約束があるのだが、急げばまだ間に合いそうということで、次にGolden Gate Parkにあるde Youngへと。

de Young Museum

de Young MuseumはGolden Gate Parkの中。車で行って、そのままいそいそと駐車場から直接館内に入ってしまったので、建物の外観はわからず。次回行くことがあったら、ちゃんと地上に出てみよう。



de Youngでは本当に時間がなくて、急ぎ、興味ある展示だけを見た(作品を見て、心を揺さぶられるものがあったら、しばしその前で佇むという形だ)。

Anna Elizabeth KlumpkeのAmong the Liliesの可憐さに目を奪われたし、



Yang MianのStandard-Olayも現代的な東洋女性の儚げな感じが気に入った。





だけど、なぜ、血のような赤い線を入れてあるんだろう。Yang Mianのほかの作品も同じような線が入っている。何かを示しているんだろう。

時間が無かったので、かなり駆け足でde Youngは鑑賞することになってしまった。今度改めてゆっくり来よう。

SFMOMA, Legion of Honor and de Young